TOEICスコアがあなたの就職を左右する!?

TOEIC

近頃の不況で世間では一流と呼ばれる企業などで、社員に非常に高レベルな英語力を要求するといった話も聞くようになってきました。

日本では少子化の問題もあって、社員としての人材も段々と海外から取るといった企業も増えてきており、企業の多国籍化に向けてやはり英語というのが社内の第一言語として機能しやすいと考えているのでしょう。

このことに関しては多分多くの賛否両論があるとは思うのですが、私個人的にはやはり避けては通れない道なのかな~、なんてゆるい考えを持っていたりもします。

やっぱり最近見る派手な企業などは世界中を相手にビジネスを展開していますもんね。
日本の企業もそう考えると国内だけではなく、同様に世界に目を向ける必要が出てくるというのは当然のことのように思いますし。

何が正しくて何が間違っているなんて話をここでできるほど私は大層なものではありませんので、そこら辺の議論は避けておきますが、一つだけ確実に言えることは、やはり英語という技術は持っていて決して損にはならないのではないかということです。

しかも私の経験上、やはり言語の習得というのは年齢が若ければ若いほど有利に進めることができるといったことを散々目の当たりにしてきましたし、就職活動で企業がTOEICのスコアを求めてくれば、恐らくみんな学生のうちに英語は勉強しておこうといった気になれますよね。

英語が嫌いな学生にとってはそんな地獄たまったものではないかもしれませんが、英語が好きな人にとってはこれは非常に有利な状況だと思います。

わざわざ頼みもしないのに企業側から自分の尻を叩いてくれるわけですからね。

私自身、留学までしていたので英語はそこそこできると思ってはいますが、英語の習得は決して生半可なことではありません。
それこそ私のように20歳を越えてから本気で勉強を始めたような人間は一生かけて勉強していくつもりでないと、英語をマスターするなんてことはまず不可能でしょう。

しかしTOEICとなると全く話は別です。

もしあなたが本気で勉強する気があるのであれば、多く見積もっても1年もあれば、いわゆる一流企業の要求するTOEICスコアなどは軽くクリアすることが可能です。

もちろん英語ができれば順調な人生が待っているといった単純な話では決してありませんので、全ての人に英語の勉強を勧めるつもりはありませんが、もし、あなたが就職を控えている学生で、特に面接の際に自分を売り込む要素が少ないと思っているのであれば、TOEICの勉強をちょっと考えてみてはいかがでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ