簡単!TOEIC勉強法「TOEICで900点を取る勉強法」

TOEICは難しいというイメージを持っている方も多いかもしれません。
しかし、人によってはこんなイメージを持つと言うことあり得ないほどTOEICを簡単なものだと思っており、実際にそういった人たちはそれなりの結果を残しています。

ちなみにそういった人たちは留学などをしていたわけではありません。


TOEICが難しいと思っている人とそうでない人の違いは、英語ができるかどうかというものではなく、ちゃんとした勉強法を知っているかどうかだと思っています。

よくありがちなことで、TOEICの勉強をせっかく始めても、あまりに分からない問題が多すぎて、自分のやるべきことが頭の中で混乱してしまうということがあると思います。
人間頭が混乱してしまうと、何とかそこから逃げ出そうとしてしまうものなので、結局「TOEICは難しすぎて無理」という途方もない結論に至ってしまいます。

しかし、それではもちろんいけません。
もちろん誰もが最初から英語なんてできるわけがないので、頭が混乱するまでの経緯はほとんど皆が一緒です。
しかし、そこでまず一息ついて冷静にならなければなりましょう。

TOEIC用の参考書は1冊で十分

ここで肝心なTOEICで900点近いスコアを取るための勉強法です。
まず準備するのは、2,3回分のTOEIC形式の問題がある参考書。
要するに模擬試験集のようなものです。

この1冊と辞書があればあとは特に何も必要ありません。

模擬試験集を用意したら、後はとにかくそれを1回分だけやってみましょう。
ここでは特にスコアなどは気にする必要はありません。

1回分の問題を全て解き終わったらそれらの解答と解説を読みます。
間違っていたものはもちろん、あてずっぽうで当たってしまったような問題にもここでしっかりとチェックをつけておきましょう。
そしてほとんどの模擬試験集のようなものにはしっかりと問題文の和訳もついているはずですので、問題とその和訳文もしっかり照らし合わせておきます。

十分に解説を読んだら、次の試験に移らず、また同じ問題を最初から全て解いていきます。
問題によっては解説を読んでも分からないものが数問でてくるかもしれませんが、それらはとりあえず無視して構いません。

そして、これを一つの問題で満点近くとれるまで繰り返します。
そして満点近くとれるようになって初めて次の試験に移ります。そして、また同じことの繰り返し。。

この勉強法で実はTOEICで900点は簡単に取れます。
市販されているTOEICの問題集などは非常によく出来たものが多いので、問題集で出てきたものと似たような問題、そして場合によっては全く同じような問題が本当に多く出題されます。
ですので、それらの問題集をしっかりやりこむことで、思っている以上に簡単にTOEICで高得点は取れてしまうものなんです。

問題集1冊でそれだけのスコアが取れるようならば、非常に安いものですよね。
しかし、その代わり、その問題集に出てくる英単語などは全て覚える位にしなければなりません。

この勉強法だと早い人で3ヶ月程度、長くても1年程度でTOEIC900は達成できるのではないでしょうか。

時間は掛かりますが、お金は掛からない方法なので、是非試してみてください。


TOEICテスト新公式問題集



サブコンテンツ

このページの先頭へ