簡単!TOEIC勉強法「TOEICは本当に必要?」

よくネットや英語に関しての情報誌などを読んでいると、TOEICの必要性について書かれたものをよく見かけます。
TOEICは日本では就職や転職などをするときに、履歴書に書ける技能として非常に役立つものではありますが、世界的に見るとその受験者はほとんどが日本人と韓国人に占められているので、TOEICは世界的には通用するものではない。
と、何とも攻撃的な論調。。

確かにこれはその通りと言ってしまえばその通りなのですが、そもそもこういった英語力を測るテストを世界で通用させる必要もないように思います。
例えば海外で就職などを考えるときには、英語力なんていうのは持っていて当然のことなので、こういったテストのスコアでアピールすること自体がナンセンスと言わざるを得ませんよね。
日本での外国人の面接をイメージしていただければ分かりやすいと思うのですが、雇い主がまず見ることと言えば、同僚や顧客としっかりとしたコミュニケーションが取れるか、ということでしょう。
そして、それは言語レベルであれば面接をすることでしっかりと把握できるはずです。
ですので、TOEICのようなテストが世界で通用するも何も、そもそもそういったものを提示する必要自体ないのではないでしょうか。

しかし、これを日本国内に限った場合。
日本で働く場合は当然日本語が主体となりますので、英語に関してはそこまで高いレベルは要求されることは多くありません。

外国人と最低限コミュニケーションが取れる英会話レベル。

もしくは、それに近いレベル。

この程度の英語力があれば十分事が足りてしまうことが多くなっています。

そして、このレベルを測るためのものとして、TOEICは非常に良く出来ているものです。
と、いうのも英会話に絶対不可欠なものとして、英会話の基礎的な知識というものがあるのですが、この基礎的な部分がTOEICにはしっかりと網羅されているんですね。

実は英会話をマスターせずとも、この基礎の部分をしっかり学ぶだけで、外国人とのコミュニケーションはしっかりと取ることはできます。
そしてこのことから考えると、TOEICで高得点を持っている人は、仕事で使える英会話力を保持している可能性が非常に高い。
と、言うことができると思います。

これらのことを踏まえて考えると、今や日本全域で英語能力を測る指針として扱われているTOEICは、やはり非常に利用価値の高いものだと言えるのではないでしょうか。
TOEICで高得点を取るのは、言うほど決して簡単なことではないとは思いますが、是非腰を据えてチャレンジしてみてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ