外国人コンプレックスの治し方

最近では日本でも外国人の方を多く見かけるようになったので、思いもがけず彼らから道を聞かれるなどして声をかけられたという方も多いと思います。

こういった場合、外国人に話しかけられた多くの人がどぎまぎしてしまい、
「英語が喋れればなー」、と考える人も多いのではないでしょうか。
この外国人に話しかけられると、どうしてもどぎまぎしてしまう大きな理由の一つとして、英語などの外国語が喋れないというものの他に、外国人と対面するとどうしても緊張してしまうという外国人コンプレックスというものも少なからずあると思います。

日本人は英語に関しては中学から勉強を始めているので、実は多くの人が考えるよりも、意外と英語の知識は豊富です。
そのため、ちょっとしたコミュニケーションだったら、時間をある程度かけさえすればしっかりできるはずなのですが、多くの人の場合この外国人コンプレックスによってできるようなこともできなくなってしまう。

たとえ留学生でも悩むこの外国人コンプレックス。

しっかり克服して、無駄な英会話上達の妨げをさっさと排除してしまいましょう。

外国人も外国人コンプレックス?

日本人は外国人に対するコンプレックスが強い、という話をよく聞きますが、これは決して日本人に限った話ではないように思います。
実際に私がアメリカに住んでいた頃も、私の姿形が自分たちとちょっと違うというだけで妙に緊張してしまっていたアメリカ人の方も多く見ましたし、中にはその感情が強すぎて交わること自体を完全に拒絶してしまう人もいました。(ただ私が嫌われていただけの話かもしれません…)
ですので、自分とちょっと違うと感じた人に必要以上に警戒心が働いてしまうというのは、人間のごくごく普通の感情だと理解しておきましょう。
まずはそういった感情が存在するということをしっかり自分で認めることで、しっかり「そうしないためにはどうするべきか」という受け入れの体制がしっかりできるようになります。

外国人も同じ人間!

外国人を普通の人が見た場合、意識的にしろ無意識的にしろ一瞬のうちに「彼らは私とは違う」という認識をします。
人はそれぞれ外国に対して違ったイメージを持っていますし、実際にその国に行ったことのない人は映画の中の世界、そして新聞やニュースの中でのその国イメージしか持つことができません。
そういった情報の少なさから、外国人を見たときに勝手に恐怖心を抱いてしまうんですね。

人間は知らないことに対して、不安感や恐怖心を覚えます。
新しい学校や会社などに入るときはそこの状況が分からないために、誰もがちょっと不安を感じますよね。
それと同じような感情と考えてもらえると分かりやすいかもしれません。

しかし、実際に外国人とは言っても私たちと同じ人間です。
笑うこともあれば泣くこともありますし、日曜日にぐうたらして奥さんから叱られている人なんていうのも日本と同様たくさんいます。(そんなにいませんか?)

彼らも私たちも同じ人間。

そのことをしっかりと思い出すだけでも外国人コンプレックスは随分と解消されるはずです。

外国人コンプレックスの即効解消法

上に書かれていることを考えても、どうしても実際に外国人に対面すると緊張してしまうという人もいらっしゃるかもしれません。
そういった方たちのためにここでは簡単にできる自己催眠のようなものをご紹介します。

まず外国人に対面したときに彼らをちょっとぼんやりした感じで見つめながらこう自分に言い聞かせます。

あなたは優しい人です。

私が間違いを犯してもあなたはきっと笑ってすませてくれます。

あなたは力強く、立派な方です。

私はそのことはっきりを感じることができます。

この言葉を心の中でしっかり唱えてみましょう。
そして、この言葉を繰り返し、自分の顔が緩やかな笑顔になってきたことを感じることができれば、この方法は成功したことになります。
その効果は是非自分で試してみて実感してみてください。

ちなみにこの方法は外国人だけでなく、もちろん同じ日本人に対しても使うことができるので、人見知りで悩んでいる方は是非一度試してみてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ