英会話スピーキング独学術『洋楽を使った英語の勉強法』

洋楽を聞きながら英語の勉強をするという方法を取り入れている方も多いかもしれません。
音楽が好きな方にとっては好きな曲を聴きながら、同時に英語の勉強もできるので、一石二鳥といった感じで非常に効率的な英語の勉強法とも言えるかもしれませんが、実はあまりこれは効果がありません。
私自身が洋楽はすごい好きなので、特にアメリカの曲は本当によく聴くのですが、今にして思うと、全くもってこの洋楽が役に立ったという実感はないです。
しかし、英語の勉強とはちょっと違ってくるかもしれませんが、洋楽を使うことでまた違ったものの練習をすることができますので、そちらの方に洋楽のCDは利用するようにしてみましょう。

話はがらりと変わりますが、英語の発音と日本語の発音は大きく異なるところが多いので、この部分で苦労する人も決して少なくはありません。
恐らく、英語が流暢な留学生などに聞けば、英語で一番改善したいところは「英語の発音」という人が半数以上だと思います。
それほど、日本人にとって英語の発音というのは大きな壁となって立ちはだかってくるものなんです。

かといって、英語の発音ができないからといって、それが全て欠点となるわけではありません。
英語の発音が良くないと例えば、

  • 発音が良くないことで、バイリンガル(知的)と思われる。
  • 発音が悪いことで、外国人と認識され、英語をゆっくり話してくれる。
  • 訛りが可愛いと言われる。

このような利点も少なからずあります。

しかし、英語の発音が綺麗だと、それだけで英語が流暢な人のようにも見えますし、何よりかっこいいというのも紛れのない事実です。
例えほんの少ししか英語が話せなかったとしても、発音が綺麗だというだけで英語がすごい上手い人のように見えてしまうものなんですね。
そう考えると英語の発音というものも、やはり練習するに越したことはありません。
また、発音が悪いと英語自体が通じない恐れも当然あります。


洋楽のCDはこの英語の発音を矯正するために非常に役にたちます。
音楽をよく聞く人は歌詞カードをみながら曲を自分でも歌うといったことをすると思いますが、洋楽でもこれと同じ事をすればいいんです。
英語の発音の練習はネイティブスピーカーが話すことを復唱することが一番の練習になるわけですが、日本においてある教材などではこの復唱という作業が非常に退屈なものになってしまいます。
そこでちょっとでも楽しくそういった練習をするために是非使ってもらいたいのが洋楽のCDです。

この練習法で完璧な英語の発音を手に入れるのは難しいかもしれません。
しかし、この練習を定期的に続けることで、外国人に通じるだけの英語の発音は手に入れることができます。

洋楽が元々好きな人は、今聞いている音楽や、昔好きだった曲などを使って勉強するのも良いでしょう。
今まで洋楽を聴いたことがないという人は、これを機会に是非自分の好きな洋楽を見つけてみてくださいね。



サブコンテンツ

このページの先頭へ