英会話スピーキング独学術『英会話のスピーキングの学習方法』

私が英会話の勉強で何と言っても一番苦労したのが、このスピーキングの練習です。
英語の発音は日本語のそれとは全くと言っていいほど違うものですし、文法の構造も全く異なるので、英語のスピーキングに慣れるまでは非常に大変な思いをしました。
そして、英会話に関して何より上達させたい分野というのもこのスピーキングでしたので、その難しさにはとても歯がゆい思いをさせられましたよね。
しかし、このスピーキングも一旦慣れてしまえば、ライティングやリーディングなどに比べると非常に簡単に思えるようになりますので、そういった風に思えるまで諦めずに練習を続けてみてください。

英会話のスピーキングのこつは何と言っても、ネイティブスピーカーの真似をすることです。
幸運なことに、日本に居ながらでもDVDやラジオなどを使えばいつでも英語を聞くことはできます。
特にDVDの場合は英語の字幕を表示させることもできますので、歌詞カードを見ながら歌の練習をするように、英語のスピーキングの練習がDVDを見ながらできます。

このDVDを使ったスピーキングの練習法は、生の英語を学べるだけでなく、英語の発音やフレーズ・イディオムなども同時に学べることが大きいです。
しかも、よく英会話の教材にありがちな、「聞くだけで英語ぺらぺら」のような怪しいものではなく、その英語が使われている状況も同時に視覚で認識できますので、より海外の環境に近い状況で英語が学べるということになります。
私もこの方法で随分とスピーキングに関しては腕をあげました。
また、こういった練習法を続けたおかげで、ネイティブスピーカーの方から、

英語すごいうまいね!

どこでそんな英語を学んだの!?

なんてことも沢山言われましたので、かなりおすすめの勉強法です。
この勉強法を続けるだけでも、例え字幕を見ながらでも、すらすらと英語が口から出てくるようになりますよ。
是非真似してみてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ