英会話スピーキング独学術『英会話のスピーキングはシンプルに!!』

私は留学という経験を経て様々な英語を苦手とする日本人を見てきましたが、私を含めて、その多くの人はまず英語は難しいという固定概念を持っていたように思います。
そして、この固定概念のために、話すときにわざわざ難しい単語を使わなければカッコ悪いだとか、ちょっと高度な英文法を使わなければ様にならない、などと思っている人が意外なことに多いです。
どうも簡単でシンプルな英語を話すと幼稚だと感じてしまう人が事の他多いんですね。

確かに日本では英語がぺらぺらな人というのは、知的な人、もしくは教養のレベルが高い人として見られるような所もあります。
しかし、実際にはそういったことは決してなく、ただ英語を話す人というのは、英語に対して時間を沢山費やしただけという話なんですね。
車が好きでその為に沢山時間を費やした人は、それに関しての知識を沢山持っているでしょう。
また、編み物が好きな人はその為に沢山時間を費やすでしょうので、その技術は非常に高くなるでしょう。
英語に関しても、これらのものと全く違わず、練習さえすれば誰にでも出来るものです。

ですので、「英語は頭の良い人にしかできない。」
このような馬鹿げた固定概念をまずは捨てるようにしてください。


冒頭にも書きましたが、簡単でシンプルな英語というのは決して幼稚なものではありません。
むしろ聞く方からすると、単純な英語の方が妙に長く話されるよりも理解がしやすいと言う外国人の方は多くいます。
試しに私が最近聞いた、日本にいる外国人の日本語の会話の例を挙げてみます。

「僕は昨日レストランに行きました。すごく美味しかったです。だけど量がとても多かったです。だから全部食べることができませんでした。」

なんだか、日本語の教科書に出てきそうな文章ですが、実際にこうして話しています。
ここで注目するべき点は、一つ一つの文章はとても簡単でシンプルだということです。
そのシンプルな文を「だけど」や「だから」などで続けて、一つの長い文章にしています。
日本に居る外国人の会話を聞く機会のある人は是非、一度注意深く聞いてみてください。
よっぽど日本語が流暢な人以外はこのように話す人がほとんどのはずです。

次にこの例を英語にして考えて見ましょう。

I went to a restaurant yesterday. The foods were so good, but it was too much for me so I couldn't eat all.

どうでしょう?
一つ一つの文章は決して難しいものではありませんよね。
中学校レベルの英語の知識があれば、これらの文はちょっと考えただけで作れるはずです。そして

それさえできれば例え海外にいても日常で英語に困ることはありません。

感じとしては、まずは自分の話したいことをイメージし、それを細かく分けて、andやbutでつなげて一つの文章にするといった感じでしょうか。
そして、一つの文はできるだけ、簡単にシンプルにするということです。難しい単語を使う必要は一切ありません。
そもそもネイティブスピーカーでさえも、日常に使う英単語の数は2000語程度と言われています。
これは「Dog」や「Cat」など日本人の誰もが知っているような単語も含まれているので、決して多い数字ではありません。
難しく考えずに、英会話のスピーキングは簡単にシンプルに。
このことを踏まえておくだけでも、英会話の上達のスピードは断然に早くなるはずです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ