英会話リスニング独学術「英語リスニングをとにかく上達させよう!」

英語に慣れていない人が海外の映画などを見ても、喋っていることはとにかくただの固まりにしか聞こえないことがほとんどだと思います。
私自身もそうでしたし、実際にアメリカで生活をしていても、周りの人たちが喋ることはほとんどこの固まりにしか聞こえませんでした。
そして、アメリカで4年程生活したにも関わらず、未だに映画などを見ても、何を言っているのか分からないなんていうことはざらにあります。

私は日本人が英語を不得意とする理由として、この日本語と英語の音の大きな違いが大きいと思っています。
その証拠に、比較的英語の上達が早いヨーロッパ圏内の人たちは、例え英語がそんなに得意でなくても、聞き取りだけは非常に優れている人が多いです。
聞き取れるから、当然返すべき言葉も分かるし、下手なりにもしっかり返答できることで、当然上達は早くなります。
また、聞き取りがしっかりできるため、英語を母国語とする人たちの真似もしやすいので、これもまた英会話学習には有利に働きます。

このように書くと、「おまえがヨーロッパの人たちに比べて、ただ努力が少なかっただけなんじゃないのか?」

なんてことも言われそうですが…。

実際にそのように感じてしまう日本人の方は非常に多かったです。
「できないのは自分の努力が足りないせい。」「私はヨーロッパの人たちに比べるとデキが悪いんだ。」
たちの悪いことですが、このように思ってしまう人というのは実際に多くいます。
個人的にはこういった日本人のストイックな性格は非常に好きなんですけどね。
しかし、こういった考えは時として英会話学習に関しては、悪い方向に進んだりします。
自分のデキが悪いと考えてしまうと、どうしても内向的になってしまいます。
そしてこれが一番英会話学習にとっては悪いことです。


しかしそうは言っても、やはり日本人であるというだけで、英語に関しては不利な立場に置かれるというのは、紛れもない事実です。
特にリスニングに関しては、それを改善するために非常に多大な時間が必要となってくるでしょう。
しかし、ここで覚えておいていただいきたのが、アメリカなどで日常に使われている英語などは非常に簡単なものが多いということです。つまり…
英語をはっきり聞き取ることさえできれば、その内容はほとんど理解できる。

このように考えて、間違いないはずです。
そして、この英語のリスニングを改善する方法は、例え日本にいながらでもいくらでも改善できる方法はあります。

英語の読む技術を磨けば、必然的に英語を書く技術も向上します。
そして、英語のリスニングの技術を磨けば、必然的に英会話の技術も向上します。

英会話の学習で攻略すべきは、まずリスニングです。
赤ちゃんも言葉を学ぶ順番はまず、リスニングであるということを考えれば、それがある程度的を得ているものだと分かっていただけるのではないでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ