英会話や留学のコラム『外国人と話すのは苦手?』

英会話が苦手という人には二つのタイプがあるということが様々な留学生を見ることで分かってきました。
一つは絶対的に英語の知識が少ない人。
これはこれで問題なのですが、足りない知識は意外と簡単に補うことができるので、多分多くの人が考えるほどこれはさほど大きな問題ではありません。

そして本当に日本人で多いのがもう一つのタイプなのですが、話す相手が外国人というだけで、緊張していつも通り話すことができないというタイプの人です。

これは私もそうだったので痛いほど気持ちは分かるのですが、英会話を習う上でこれは非常にやっかいな問題になってきます。

人間はその生まれた国や地域によって基本的に姿かたちが違ってきますので、表情に慣れていない分何を考えているか読めない。
もしくは自分たちの常識が彼らには通じないのではないか、という疑問が意識的にしろ無意識的にしろ、必ずそういった考えがつきまといます。

そういった疑問などは、「何を話せば正しいのか?」という不安につながりますので、結果としてそれが緊張となり、うまく外国人の方たちと話すことができないということになってしまうことが本当に多いんです。

こういった事態を避けるために、「緊張するのをやめろ」「別に間違えたことを言っても誰も気にしない」などのアドバイスをしたり、自分に言い聞かせたりする人も多いですが、残念ながら緊張するなと言われて緊張がなくなる、なんていう人はほとんどいません。

かといってこのアドバイスや考え方は決して間違いだということではありません。
こういった緊張を取り除くためには、ある程度自分に言い聞かせるということは必ず必要です。

ただ、自分に言い聞かせる言葉を、「緊張するのをやめろ」のような命令形でなく。
「別に間違えてもいいよ」のような消極的な言葉でもなく。

「何で私が他人のためにそこまで緊張しなくちゃいけないの?」

というある意味傲慢とも取れるような言葉を使用してみてください。

結局緊張してしまうというのは、「自分という人間がもしかしたら認められないのではないか?」という自分自身に対する自信の少なさが問題となっていることが多いように思います。
そこで、こういった言葉を自分に投げかけることで、自分に対する自信を深めていくんですね。

「何で英語話せないのがいけないの?」
「英語が話せないからって、私が他の人よりも劣ってる?」
「私が間違った英語を話して笑う奴なんて、人間として最低じゃない?」

このような言葉を自分に投げかけ、自分なりのしっかりとした考えを持つことで、自然と自分の行動や発言にも自信が出てくるようになります。
そしてそれが自分にとって当然のことになると、人と話すときに緊張するなんていうことは今後あり得なくなるでしょう。

また、こういった心理状況で色々な人と話していると、今まであれだけ緊張していた自分のことを馬鹿らしく感じるときがくるはずです。
緊張を克服して色々な人と話していると、基本的に人のアラを探すという人はほとんどおらず、こちらがリラックスしてその会話を楽しめば相手も同様にリラックスして楽しんでいてくれていることが段々と分かってくるからです。

もしかしたら、人によってはこういったちょっと傲慢な考えはできないという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、やはり私が言えることは人間ちょっとは傲慢な方がちょうど良いということだと思います。



サブコンテンツ

このページの先頭へ