洋書独学術「洋書の読み方」

洋書の読み方には多少のこつがあります。
まず、最初は辞書を持たない。そして、単語の意味が分からなくても、とりあえずはどんどん読み流してください。
「単語の意味が分からなければ、書いてあることの意味が分からないだろ!?」
と、思われるかもしれませんが、最初はそれでも全く構わないので、どんどん読み進みます。

一冊の本を読み進めていると、「この単語は意味は分からないけど、何回も見たな。」という英単語が出てくるはずですので、こう感じたらそこで辞書を使ってみてください。
そういった単語は、英語の覚えるべき基本的な単語、もしくはその本において非常に重要な単語であるという可能性が高いです。
しかも、何回も繰り返し出てくる単語でもありますので、一回意味を調べれば、単語帳などで覚えるよりも非常に頭に残りやすいという利点もあります。
英語に慣れる、英文法を自然と覚えることができるという洋書のリーディングの利点の上に、こういった方法を取り入れることで、

重要な英単語から効率的に覚えることができる。

という素晴らしい利点も生まれてきます。

そして、この方法で一冊の本を最低2回は読んでみてください。
そのことから得られる、英文法、英単語、イディオムの知識の量はただ単に参考書を読んで得られるものの比ではありません。
また、参考書などをやりこむよりも、こちらの方が精神的な苦労も少なく済むはずです。


この洋書の読書法は少しでも自分が読めそうな本を選ぶことが大前提となります。
本によっては、何回読んでも太刀打ちできないようなものもありますので、洋書であれば何でも良いというわけではありません。
ですので、身近な本屋や図書館に洋書が置いてある場合は、まず必ず手にとって軽くパラパラとめくってみましょう。
その際、まるで読める気配がない場合はその本を読むことは諦めます。
逆に、ほんのちょっとでも自分で理解できるような箇所があれば、それは読んでみる価値ありと判断します。

身近な本屋に洋書が置かれていない場合は、アマゾンなどのネットの本屋で購入するしか方法があります。
その際は、この方法はできませんので、海外の本で日本語に訳されているものをまず読んでみるのが良いかもしれません。
本の内容が把握出来ていれば、それが例え英語で書かれていても理解できる可能性が高いです。

外国語の本を読むということは、決して楽な作業ではないかもしれません。
しかし、この本を読むという勉強法は外国語をマスターしているほとんど全ての人が取り入れている勉強法です。
もし、日本にいる日本語が非常に達者な外国人の方に会う機会があれば、是非、今までに読んだことのある日本の本の名前を聞いてみてください。
きっと驚くほどの数の本の名前を聞くことができると思いますよ。



サブコンテンツ

このページの先頭へ