英会話独学術「英語を話せるようになるために」

英語が話せるようになるために大事なことというのはそれこそ数多くのことがありますが、その中でもとりわけ大事なものが、絶対に諦めないという精神力だと思います。
私の場合留学をしていたので、周りからは「じゃあ、もう英語なんてぺらぺらでしょう?」とあたかも当然のように聞かれたりもするのですが、実際のところ例え留学生とは言え英語が話せない人というのは沢山います。
実のところ、私も留学して一年程度経った頃になっても、中々思い通りに英語に話すことができず、「私には結局英語を話すなんて無理なんじゃないか…」と思ったことが何度もあります。

一旦こういったことを感じてしまうと、勉強にしても練習にしても中々熱意を持つことができず、結局そこで英語自体から離れていってしまうことが実際に多くなっています。
そして、「英語なんて必要ない」と他人がいう言い訳を一生懸命探すようになってしまうのですね。

私もこういった事態に陥りそうになったことが何度もあります。
いくら勉強しても英語が話せるようになるという保証もありませんでしたしね。

英語を本気で勉強している人は遅かれ早かれこういった心境になることは必ずあると思います。
英会話スクールなどにせっかく通っても、すぐに辞めてしまう人が多いのもこういった理由が大きいと思います。

しかし、私も何とか人並みに英会話ができるようになり、そこでつくづく思うことがやっぱり諦めなくてよかったということです。

昔は確信が持てませんでしたが、今ではやればやるほど英語は必ず上達するということを確信していますので、途中で投げしてしまうことがどんなにもったいないことかと思います。

不安な気持ちは必ず英語の勉強をしていると出てくるでしょう。
しかし、本当に英語を話せるようになりたいのならば、その不安には打ち勝たなければなりません。
不安な気持ちを吹き飛ばすためには、不安な気持ちを持てない位に英語の練習をするというのも一つの手です。
その練習の方法が分からない場合は、私も多少のお手伝いができますよ。



サブコンテンツ

このページの先頭へ