英会話独学術「英語の苦手意識を克服する!」

特に大した理由も無く、英語に対して苦手意識を持っている人というのは沢山います。
大した理由は無い、というのも、英語が苦手だというほとんどの人が中学校や高校で英語の成績があまり良くなかったという人たちだからです。
私自身も学生頃は英語が苦手でしたし、数学はそれ以上に苦手でした。
数学に関してはテストなどで50点以上を取ったことがありませんし…(^_^;)
そのため、本当に長い間これらの科目に対して苦手意識を持っており、私はこれらが出来ない人間だと思い込んでいました。

こういった苦手意識って中々厄介なもので、一回そう思ってしまうと、自分で決意しない限り中々取り除けるものではありません。
「どうせ私には無理だから…。」と、また新たにやってみることさえも拒絶してしまい、うまくなるという可能性さえも自分で消してしまうからです。
しかし、実際には子供や学生にそれが例え苦手だったとしても、また大人になってやってみると意外と簡単だったということは沢山あります。
歳を取るにつれて色々と難しいことも経験していますので、それは当然のことだと言えるでしょう。
しかし、苦手意識を持っているということだけで、そのことにさえ気づかないなんていうのは、本当にもったいないことだと思います。

英語に苦手意識を持っている人の方が英会話は上達が早い!?

英語に苦手意識を持っているからといって、それが必ずしも全て悪い方向に進むわけでもありません。
英語が苦手だと思っている人がちょっとしたことで英語を理解したりすると、人一倍にその喜びは大きくなるので、その分驚くほど英語の勉強に熱中しだす人も沢山います。

周りにたまたまいた外国人の話していることが、たった一つの単語だけど聞き取ることができた。

雑誌や新聞などにのっていた少量の英文が何となくだけど理解できた。

英語が得意と思っている人にとっては、もしかしたら「たったこれだけのことで…。」と思われるかもしれません。
しかし、英語に苦手意識を持っている人にとっては、たったこれだけのことでも、非常に大きな喜びとなり、それが英語に対する大きなモチベーションにつながったりします。
実際に私の友人には、そういったことがきっかけで最終的には留学をして現地の人と結婚までしてしまった人がいます。
彼女の場合は苦手意識をたまたまですが、うまく活用され、それが欠点ではなく利点として働いた良い例と言えるのではないでしょうか。

まずはとにかく英語に触れてみる!

こういったことも踏まえて、英語に苦手意識を持っている方は、まずはとにかく英語に触れてみることをおすすめします。
とりあえずレンタルビデオを借りてきて、ちょっと集中して英語を聞いてみるのも良いでしょうし、本屋に行って、簡単そうな英語の絵本などを読んでみるのも良いかもしれませんね。
一番おすすめなのは、英会話スクールなどに行って、無料の体験授業などを受けてくることです。
実際に外国人の方とコミュニケーションを取ることほど大きな喜びはないですからね。

そういったちょっとしたきっかけは自分から作り出さないと、中々あちらからやってくるものではありません。
もし英語に苦手意識を持っている方で、英会話をちょっとでも憧れを持っている人は、是非ほんのちょっとの勇気を出して何かしら行動をしてみてください。
そのちょっとの勇気がもしかしたら、数年後にとても大きな決断だったと思える日がやってくるかもしれませんよ。



サブコンテンツ

このページの先頭へ